S PROJECT,KANAGAWA

Farm House Style

一枚の画像からこのプロジェクトはスタートしました。「この画像のようなお家が建てたい」というご要望をもとに、1階部分はファームハウススタイルの特徴であるラップサイディング、2階は日本ではまだ見る事の少ないバーティカルサイディングを採用。一方室内は自然体の上質さとかっこよさの同居するハンプトンスタイルです。少しリゾートの風を感じるモダンテイストなかっこいい仕上がりになりました。細部にまでこだわりが感じられる完成度の高いS様邸のご紹介です。

 

プランニングの元になった画像がこちら↓ 窓のデザインまで忠実に再現しています。

Entrance hall

白壁にグレイッシュネイビーの玄関ドアのコントラストが映えます。広々としたエントランスには大きなミラーや輸入品ならではのデザイン性の高い照明が入り、ハイセンスな空間になっています。玄関ホールは三和土部分に段差を設けずフラットな仕上げにすることで海外の雰囲気を高めます。

 

kitchen

家族が集まるパブリックスペースはゆったり大きくスペースをとり、寝室などはコンパクトにという事がプランの柱になりました。LDKがおよそ22畳、天井高が2.7メートルと通常より高さを確保しているので、広々と解放感もあります。キッチンの色はこだわりの特注色。冷たくならない落ち着いたトーンのグレーです。キッチン横にはパントリーを設けてそちらに生活感の出るものを収納しておける設計です。ファームハウススタイルのアイコンと言える「バーンドア」もキッチンの色と合わせてペイントしました。ナチュラル感の強いバーンドアも色で統一感を出すことでかっこよく洗練された印象にまとまりました。

ゴールドをアクセントにしたキッチン。人気の高いエプロンシンクはポジションを間違うとその雰囲気を台無しに。垢抜けて見える位置をミリ単位で調整しています。レストレーションハードウェアの照明はデザインに無駄がなく洗練されているので、さらに上質な空間へと引き上げてくれます。 ダイニングセット・照明・テレビボードは全てレストレーションハードウェアのもの。シンプルな中にもこだわりのあるデザインが魅力です。中心になるアイテムである照明に大胆なデザインを選んでフォーカルポイントにすることで空間の広がりを演出するだけでなく、雰囲気を形作ります。

BedRoom

マスターベッドルームは壁・天井をグレーのペイントで仕上げてしっとりと大人の雰囲気です。ミラーを上手に取り入れたり、スイッチプレートを死角に隠して壁をすっきり見せる等の工夫が随所に見られ、空間のコンパクトさをカバーしています。キッズルームは将来的に壁で仕切って部屋数を増やせるように設計されています。

 

2ボウルのゆったりしたパウダールーム。ミラーは開けると収納になっていて生活の細々としたものをしまっておけるので、いつでもすっきりと清潔に保つことができます。 魅せる階段も輸入住宅のポイントです。上に天窓があり明るく開放的。大きなアートを飾って楽しむことで居室ではない部分も素敵な空間になりおうち全体の雰囲気がアップします。