【リノベ】K PROJECT, KYOTO

Greige Style

インテリア業界で数年前からトレンドカラーとなっているグレージュ。グレージュというのは、クールなグレーと温かみのあるベージュの中間のような色合いを指し、「グレイッシュベージュ」とも呼ばれています。インテリア空間で使うと、居心地のよい大人っぽさのある上品な空間に仕上がります。今回は、そんなグレージュが大好きなお客様からのご依頼です。京都の住居に多い和モダンではなく、海外インテリアを実現されたいとのことで弊社にお問い合わせを頂きました。

リビングルーム

赤茶色の強かったリビングは、グレートーンの上品で落ち着いた空間に変貌しました。玄関との境にはモダンなガラスパーテーションを設置することで、視覚的には広々とした印象に。格子の黒色が空間に良いメリハリを生んでくれています。玄関や階段奥まで自然光を届けることが出来るのもガラスパーテーションの大きなメリットです。リビングダイニングの中心には本格的な薪暖炉。暖炉裏の防火壁には大理石のタイルを用いることで、モダンなテイストに統一しています。

キッチンダイニング

キッチンはアイランドキッチンに変え、動線を改善しました。熱々のお料理を家族で囲みたいという奥様のご希望で、アイランド側にIHコンロを。家族みんなが自然とキッチンに集まる様子が想像されます。壁面いっぱいの収納スペースも奥様にとっては嬉しいポイント。ルーバーの折戸やアーチ開口などのディティールが、海外らしさを演出しています。上品なグレイッシュの木目のキッチンスツールやダイニングテーブルは、アメリカの家具メーカRHの人気アイテムです。

パウダールーム・トイレ

美しい花柄の輸入クロスがアクセントのパウダールーム。クロス、キャビネット、床材など、どれも上品なグレージュにまとめられ、ホテルライクな仕上がりになりました。トイレは大胆な大理石模様のタイルを腰上まで貼り、ワンランク上の高級感のある雰囲気に。

2F ベッドルーム・トイレ

ご長男のお部屋はシックなブルーのクロスをチョイス。年を重ねても居心地のよいカラートーンです。主寝室も奥様こだわりの花柄の輸入クロスで、優しい空間が完成しました。2Fのトイレはストライプをアクセントに、1Fのトイレとは異なるテイストに仕上がりました。